2015年06月19日

男性を揶揄してつくった言葉なのかもしれません。

「解決策」がないとオロオロする男性
女性は「男性に話を聞いてほしいだけであり、話の解決策を求めているわけではない」と、kkk超強力催情水世間ではよく言われます。しかし、男性の脳は、常に解決策を探るようになっている……と言っている学者もいます。
上述したように「常に遠くを眺めている男性」は、「鹿がいないとなると、ではどうするべきか?」を常に考えます。考えずに、女性の言うがまま「そうだねえ。最近、鹿の肉を食べていないね。まあしかたないから寝るわ」では済まされないということでしょう。
「寝るわ」で済んだとしたら、その一家は餓死をしているでしょうから「寝るわ」という思考回路の遺伝子がこの世に残っていないのかもしれません。よって、男性は女性の話になにか解決策(あるいは結論)を述べないといけないような気分になる。あるいは、解決策(結論やオチ)のない会話は、そもそも会話ではないと考えているのでは、という学説です。
「灯台下暗し」は、東大卒の人がつくった言葉ではなく、kkk超強力催情水話を聞かない男に業を煮やした女性が、男性を揶揄してつくった言葉なのかもしれません。あたしの話を聞けよ…と。



Posted by うぇてwりぇty at 17:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
うぇてwりぇty