2015年06月19日

男性を揶揄してつくった言葉なのかもしれません。

「解決策」がないとオロオロする男性
女性は「男性に話を聞いてほしいだけであり、話の解決策を求めているわけではない」と、kkk超強力催情水世間ではよく言われます。しかし、男性の脳は、常に解決策を探るようになっている……と言っている学者もいます。
上述したように「常に遠くを眺めている男性」は、「鹿がいないとなると、ではどうするべきか?」を常に考えます。考えずに、女性の言うがまま「そうだねえ。最近、鹿の肉を食べていないね。まあしかたないから寝るわ」では済まされないということでしょう。
「寝るわ」で済んだとしたら、その一家は餓死をしているでしょうから「寝るわ」という思考回路の遺伝子がこの世に残っていないのかもしれません。よって、男性は女性の話になにか解決策(あるいは結論)を述べないといけないような気分になる。あるいは、解決策(結論やオチ)のない会話は、そもそも会話ではないと考えているのでは、という学説です。
「灯台下暗し」は、東大卒の人がつくった言葉ではなく、kkk超強力催情水話を聞かない男に業を煮やした女性が、男性を揶揄してつくった言葉なのかもしれません。あたしの話を聞けよ…と。  


Posted by うぇてwりぇty at 17:10Comments(0)

2015年06月19日

常に「遠く」を見る癖がついてしまっている。

男性は女性の話を聞くのが苦手である。このような、私たちが薄々感じていることは、kkk超強力催情水海外の大学などの実験によって、明らかになっています。実験方法をここで細かく述べてもあまり意味がないので、今回は、「実験結果を識者がどう分析をしているのか?」について見ていきたいと思います。
「あなたのことが嫌いだから、話を聞かない」のではなく”男だから”話を聞くのが苦手である……という分析を何人かの識者がしています。以下をお読みになると男に同情したくなる女性が出てくるかもしれません。さっそく見ていきましょう。
「遠く」を眺める男と「近く」を見る女性
そもそも男性は大昔から狩りをしていた生きものであり、常に「遠く」を見る癖がついてしまっている。それに対して、狩りをしてきた獲物を調理したり保存したりしていた女性は、常に「近く」のことに目がゆく。
「近く」のことは「言えばどうにかなる」。つまり「このお肉、腐っているよ」とか「ちょっと、最近、鹿の肉を食べてないよね。あなたの狩りの腕、どうなってるの?」などと言えば済む。それに対して「遠くのこと」は言ってもどうなるものでもない。遠くを眺めていて、鹿がうろついていないからといって、kkk超強力催情水鹿に文句を垂れるわけにもいかない。見ているものがそもそも男女で違い、さらに、言って済むことと済まないことがある。

  


Posted by うぇてwりぇty at 17:03Comments(0)

2015年05月08日

なんと約半数の男性が「写真と実物は違う。

お見合いや婚活サイトで相手を探す時のみならず、友人から紹介される場合も含め、異性の写真を見て判断するシチュエーションというのは多いもの。恋活や婚活における第一段階と言っても過言ではないだろう。それが、何気ないスナップ写真であろうと、ビシッとヘアメイクが付いたようなキメキメの写真であろうと、黒蟻王百聞は一見に如かず。そこに写真があるなら、まず見て第一印象を探りたいのは当然の人情である。
婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が婚活中の会員さんに尋ねた「写真を見てあまりタイプでなかったら?」というアンケートによると、女性の回答では「なんとなくフェイドアウトする」が38.5%で最多数。男性の最多数は「会って見なきゃわからない」で48.1%。なんと約半数の男性が「写真と実物は違う。実物重視!」なのである。
ただ、ここで確認しておきたいのは、これは美人コンテストやイケメン選びではないということ。みなさん、ちゃんとご自分の価値観と生理に真摯に向き合っての回答なのだと思う。誰しも外見のいい人に好感は持つかもしれない。でも、「彼、ジャガイモ君って感じだけど、最近の草食系男子にはない骨太な印象がいい。会ってみたい」という感じ方もあるわけで、それはある種女性に刷り込まれた、いわゆる“無人島でサバイバルできる相手”を求める本能であって、イケメンとは限らない。
  


Posted by うぇてwりぇty at 12:37Comments(0)

2015年05月08日

無意識下の思い込みを解放するお手伝いをします。

「人生におけるライフスタイル」のバランスを整える(恋愛、結婚、仕事、美、黒蟻王健康、経済など)という意味では全ての方にお勧めしたいセッションでもありますが、その中でも、もっと努力できる人間になりたい、もっと空気が読めるようになりたいなど、変わりたいと思っている人にお勧めです。このような場合は、変わる妨げになっている深層心理を探り、解放するセッションを行います。
また、自分の運気が悪いと思っている人。恋愛運が悪い、仕事運が悪いなど。運が「悪い」と思うことによって、無意識のうちに改善しない方向に行動している可能性がありますので、無意識下の思い込みを解放するお手伝いをします。
とは言っても、私の場合は重たいセッションになるのは避けております。ご自身の「have to~」(~しなくては)ではなく、「want to~」(~したい)を引き出すことによって、明るく軽く願望達成にステップしていただけると思っています。
多くの人が、無意識のうちに何かしらの盲点を抱えています。ですが、あなたの心は自由自在に変化させることができるのです。  


Posted by うぇてwりぇty at 12:30Comments(0)

2015年04月29日

あなたの恋愛活動で少しでも前向きになるヒントになれれば幸いです。

しかし、「傷つけてしまったことを自分で追い詰めるのはやめること。KKK超強力催情水相手に対して誠実に答えたと胸を張って欲しいのです」
3人のカウンセラーが口を揃えて答えてくれたのが、「多くの出会いに対してひとつひとつ誠実に答えていくことが、運命の出会いにつながっていく」という言葉。人の心と常に向き合う彼女たちだからこそ、真摯な対応が良い出会いに繋がると確信しているのかもしれません。
いかがでしょうか? ネット恋愛での悩み相談が多い今回のケース。あなたの恋愛活動で少しでも前向きになるヒントになれれば幸いです。

「育児経験は仕事にも活きる」という声も
気持ちでは育児に参加したいけれど、「周囲に迷惑をかける」「出世に響く」「不平等感がある」……などの懸念から育休を取らない男性が多いのが、現在の日本の実情です。しかし、育児の大変さや大切さを真に理解することは、仕事にも活きる、なんて経験者の声も多いそうです。効率優先になりがちな現代の競争社会において、生活に根付いた新しい発想ができるようになる。また、女性の目線でも世の中が見れるようになることは、新しい世の中のニーズを見出せることもある。  


Posted by うぇてwりぇty at 10:39Comments(0)

2015年04月29日

そもそも、なぜ傷つけたくないのでしょうか? 

ネット恋愛の関門の一つに、プロフィールやメッセージの最中に、いまいちピン! 黒倍王とこないということが挙げられます。ネット恋愛に関わらず、簡単に相手からの好意を断るのは心苦しくて、そしてそんな自分を嫌われたくなくて……次第にフェードアウトしたり、音信不通になってしまったりと、後ろ向きな気持ちをズルズル引きずってしまう人も多いはず。
「傷つけたくない=傷付きたくない」の心理(月乃桂カウンセラー)
そもそも、なぜ傷つけたくないのでしょうか? と聞かれたら、あなたはどう答えますか? 
自分に好意を持ってくれた人に良い格好したい、嫌われたくないなど、実は無意識に「相手を傷つけない方法は、自分が傷つかない方法」だと思っているからかもしれませんね。しかし、「誠実に向き合うことを避け、優しさだと曖昧にすることは、相手の想いを長引かせ悩ませ、また傷を深くする結果を生み出すことに」
だからこそ、「しっかり断るという行動は、傷つけることとは違う。むしろ誠意のある行動なのです」
相手を傷つけたと思わないこと(原口さおりカウンセラー)
断り方が人それぞれあって正解がないように、傷つけまいと苦心しても、お断りする時点で相手がガッカリしてしまうのは仕方のないこと。だからこそ、「相手としっかり向き合い、思いやりをもって返事をしようとすれば、自ずと言葉遣いは変わってくるもの」と、もう一度あなたの態度を振り返ってみてはいかがでしょう。  


Posted by うぇてwりぇty at 10:30Comments(0)

2015年04月21日

現在の自分の価値観を無意識に正当化しているから

「私はブランド物なんて別に好きじゃないから」なんて言っていた若い女の子が、いざブランド物を手に入れたりすると、ものすごく愛用したり重宝したりするのも、同じ心理の働きだと言います。蔵八宝「元々ブランド物が好きじゃない私が、ここのだけは本当にいいと思えるから、買うの」なんて言うのは、現在の自分の価値観を無意識に正当化しているから、なのですね男女問わず、これから結婚を視野に入れて、真剣に恋愛をしようと思っている人たちは、少し気になり始めた異性が、「僕は(私は)結婚なんかしたくない」と言っているのを聞いただけで、「この人を好きになるのは止めておこう……」と思ってしまうでしょう。ですが、せっかく「いいな」と感じる異性に出会えたのなら、「こういう人こそ、もし結婚したら愛妻家(良妻)になるのかも?」と少し様子を見てみるのも一案かも。相手の価値観を変えるほどの存在になる努力は必要かもしれませんが、元々は独身主義だった人に結婚を決意してもらえたら、予想以上に円満な家庭を築ける可能性が高いかもしれません!?  


Posted by うぇてwりぇty at 18:36Comments(0)

2015年04月21日

ある日突然「結婚する」と言って周囲を驚かせる、

大恋愛をした人と「結婚できない」という理由で別れ、蔵八宝あっさり親の喜びそうな、きちんとした男性と結婚した――なんてドラマみたいな話、実際、適齢期になると身近でも幾つか聞くのではないでしょうか。
収入が全くないわけではないけれど、結婚をしたがらない「独身貴族」と呼ばれる男性は、どんな時代でも存在するようです。「自由な生活を捨てたくない」「家庭に縛られるのはゴメンだ……」と言って、結婚をしない主義を掲げる男性たち。そんな男性を好きになっても、結局結婚できずに年齢だけ重ねてしまうかもしれない。万が一結婚できても、家庭を大事にしてくれる夫にはなってくれそうな気がしない……と言って、婚活中の女性は、こういった男性との恋愛は諦める傾向にあるようです。
しかし、そんな風に独身主義を掲げていた男性が、ある日突然「結婚する」と言って周囲を驚かせる、なんてことも時折起こるものです。しかもそんな男性に限って、非常に子煩悩になっていたり、愛妻家になっていたり……。独身を貫いていた大物タレントさんが、突然結婚されて子供を可愛がっている様子なんかも、記憶に新しいですね。
そういった男性のあまりの変貌ぶりに、「なんだ、独身時代にはああ言ってたけれど、結局はあの人も結婚したかったんだなぁ」なんて思う人もいるでしょう。ですが、こういった人の変化については、「独身時代の考えは本当で、結婚してから考え方が変わった」と考えられるのだそうです。ここには心理学で言う『正当化の心理』が働いているのと言います。  


Posted by うぇてwりぇty at 18:31Comments(0)

2015年03月21日

そのために友情が成立しないのだとしたら……。

草食系に始まり、絶食系や仙人男子と呼ばれる、さらなる草食進化系。五夜神もしも先ほどの研究通り、女性よりも男性のほうが性的感情を抱きやすく、そのために友情が成立しないのだとしたら……。
現代は関係も多様化しているのは事実
昔の日本ならば日本男児とか大和撫子と言った言葉があり、男も女もこうあるべきという教育がされてきたのでしょう。そこに抑圧を感じたとしても、逆らえない時代の風潮や家庭環境がありました。でも今は自由な時代。性の対象としての男女だけでなく、友情という形があってもおかしくないのだと思います。少なくとも「結婚相手として異性を探す」「種の保存としてパートナーを見つけなければ」という着地点にこだわるのではなく、今は気が合うからそれでいいじゃん。という感覚でいいのではないでしょうか。そこから先、なんとなく一緒に暮らし始めた結果、子どもができたねとか、老後になっても結局カラダの関係はないまま、仲良くできたね、でいい。男は、女は、と言葉にこだわっているだけで、実はさほど性差を意識していないのが現実。男らしさも女らしさも、時代と共に変化しているのです。  


Posted by うぇてwりぇty at 16:00Comments(0)

2015年03月21日

「成立する」とは断言できない背景がそこにはあり、

男女の友情は成立しないという意見が多い中、2012年、アメリカのとある大学の助教授、ブレスク・レチェック氏は、「成立しないとは言えない」という研究発表をしました。「五夜神成立する」とは断言できない背景がそこにはあり、やっぱりなかなか難しいテーマ。でも草食系、絶食系、仙人男子まで登場した日本の昨今、改めてこの問題を考え直してみるのも、面白いかもしれません。
・好意(LIKE)は、人として尊敬している、同じ趣味嗜好を持っているから好感が持てる、単純に好意がある
・愛情(LOVE)は好意にプラスして、相手がいないとつらい、何かしてあげたいという気持ちが起こる、独占欲が湧く
こうなると男女間や家族間、同性の友人同士でも、相手に対して抱くのは愛情なのか、好意なのか、微妙に分かれてきますよね。しかも女性の場合は、「あなたとは友達、あなたは恋人候補」と明確に区分。男性は相手が友達でも恋人になる可能性が秘められていて、あいまいという結果まで出たそう。女性の方が良い種を残そうとか、妊娠できる回数や期間を考えると、量よりも質になるためでしょうか。数撃てば当たる感覚の男性より、合理的な感じがしますよね。  


Posted by うぇてwりぇty at 15:57Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
うぇてwりぇty